便利アイテム

Bluetoothキーボードの選び方【キーボード選びで失敗しないために】

Bluetoothキーボードの選び方

悩んでる人
Bluetoothキーボードが欲しい

種類が多すぎて選び方が分からない

ワイヤレスキーボードとBluetoothキーボードの違いって?


こんなお悩みを解決します。

 

kawateru
こんにちは、かわてるです!(@kaz_lion)

パソコン周りの配線って見た目も悪いし、

絡まったりすると面倒ですよね。

 

配線嫌いの人には特にBluetoothキーボードがおすすめです。

 

Bluetoothキーボードも色々な種類や用途によって大きさや機能も異なるので、

今回は用途に合わせたBluetoothキーボードの選び方をご紹介します。

 

本記事の内容

  • Bluetoothキーボードとワイヤレスキーボードの違い
  • Bluetoothキーボードの種類
  • 固定使用向きBluetoothキーボード
  • 持ち運び向き向きBluetoothキーボード

 

本記事のテーマ

Bluetoothキーボードの選び方【キーボード選びで失敗しないために】

 

Bluetoothキーボードとワイヤレスキーボードの違い

Bluetoothキーボードとワイヤレスキーボードって一緒だと思ってませんか?

 

パッと聞いただけだとどちらも「線が無い」キーボードということはわかりますが、

実は全然別のキーボードになります。

 

Bluetoothキーボードとワイヤレスキーボードは主に接続形式が違います。

  • ワイヤレス➜2.4GHzワイヤレス接続
  • Bluetooth➜Bluetooth接続

 

ワイヤレス➜2.4GHzワイヤレス接続

まずワイヤレスキーボードは2.4Ghzワイヤレス接続と呼ばれる接続形式で、

無線LANなどでよく使われています。

 

一般的にワイヤレスキーボードは、

小型のUSBレシーバーをPC側にさして使う必要があるので

USBポートが一つ占領されてしまいます。

 

Bluetooth➜Bluetooth接続

一方でBluetooth接続はBluetoothに対応しているPCの場合は

レシーバーを付ける必要がありません。

 

身近なものだとスマホのワイヤレスイヤホンなどがあげられます。

 

最近のノートPCならほとんどBluetoothに対応していると思いますが、

デスクトップPCの場合は基本的についていないので、

2.4Ghz接続同様にBluetooth用のレシーバーを付ける必要があります。

 

Bluetoothキーボードの種類

Bluetoothキーボードにもいくつか種類があります。

 

  • 電池式 OR 充電式
  • 持ち運び向け OR 固定使用向け

順番に見ていきましょう。

 

電池式 OR 充電式

Bluetoothキーボードはワイヤレスの為電源の供給ができないので、

電池または充電によって電源を賄う必要があります。

 

最近では充電式のBluetoothキーボードも増えてきましたが、

通常の電池を使うものも数多くあります。

 

基本的には充電式より電池式のBluetoothキーボードの方が安いですが、

その分電池が切れたら交換する必要があるので、

長期的に考えれば充電式がおすすめです。

 

持ち運びで使用 OR 固定使用

Bluetoothキーボードを選ぶ上でもうひとつ考えなければいけないのが、

外出などの持ち運びで使用するのか、

自宅内または会社などの決められた場所でしか使わないのかです。

 

Bluetoothキーボードにもサイズが大きいものや小さいもの、

重かったり軽かったりと色々な物があるので、

どういった場面で使用するのかは考えておきましょう。

 

kawateru
小さすぎるとタイピングし辛いし、

重すぎると持ち運びしにくいですよね

 

固定使用向きBluetoothキーボード

ロジクール アドバンスド ワイヤレスキーボード KX800 MX KEYS 14,500円


いきなり1万円越えの高級キーボードですが、
このキーボードは最大3台のパソコンや、
OSをまたいでマウスドラッグのみでデータを移せるFLOWという機能に
対応したロジクールのハイエンドキーボードです。

さらにフル充電で最長10日間使える省エネ設計。
球状にくぼんだキーでタイプミスを減らす対策もされている優れものです。

 

ロジクール ワイヤレスキーボード K780 Bluetooth 6,009円


 

ロジクールの回し者みたいに思われそうですが、

PC周りの入力機器はロジクール最強だと思っています。

先ほどのハイエンドキーボードに負けず劣らずなキーボードです。

 

残念ながら電池式ですが、

スマホや タブレットを置けるスタンドがついています。

 

ボタン一つで切り替えることができるので、

チャットの返信はスマホ

情報収集はタブレット

作業はデスクトップPC

といったような同時使用もできちゃいます。

 

kawateru
もともと11,275円だったのがAmazonで値下げされてるのでお得ですよ!

 

持ち運び向きBluetoothキーボード

iClever 折り畳み式Bluetoothキーボード 3980円

 

持ち運びに便利な折り畳みができるキーボードで、

折り畳み時14.5㎝ほどのサイズになります!

 

重量もわずか185gと申し分ない軽さ。

3台同時接続もできて、

ポケットにも入るので出張などにも便利なBluetoothキーボードです。

 

ロジクール Bluetoothキーボード  K380 3,382円


 

こちらのBluetoothキーボードは、
電池式ですが最長で2年間も持つ省電力設計。

テンキーレスで持ち運びもしやすく、
キーが少しくぼんでいるのでタイプミスもしにくい作り。

ロジクール製品なので安心感もあります。

まとめ

お気に入りのBluetoothキーボードは見つかりましたか?

 

ワイヤレスのキーボードは配線が無いのでデスク周りがスッキリしますし、
仕事や作業の効率もアップすること間違いなしですよ!

 

おすすめプログラミングスクール

  1. GEEK JOB【無料:最短で22日でエンジニア】
  2. TechAcademy【オンライン:自宅で完結したい人向け】
  3. DMM WEBCAMP【転職保証あり:教室で学びたい人向け】

【関連記事】【無料あり】現役エンジニアが選んだプログラミングスクール3選
【関連記事】【2020年最新】プログラミング言語は何がいい?初心者向け言語10選

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kawateru

【ブログ運営】×【Twitter運用】×【エンジニア】 3月からWordPressに移行しました。 4年間ブラック飲食→MGになるも28歳で退職→未経験から開発エンジニアに転職→最短でフリーランス目指す‼ ●大阪出身 ●28歳 ●1児のパパ

-便利アイテム
-, ,

Copyright© Kawateru blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.