お金を稼ぐ

【最新】リモートワークしやすい職種まとめ【メリット・デメリット】

リモートワークしやすい職種まとめ
悩んでる人
リモートワークってあこがれるけどどんな職種があるの?

リモートワークの仕事に就くにはどうすればいいの?

こういった疑問にお答えしていきます。

 

最近では通勤も必要なく、働く場所にも縛られないリモートワークやフリーランスという働き方や職種が増えてきています。

 

またフルタイムで勤務する方だけではなく家事や育児をしながら働けると主婦の方にも人気が出始めています。

でも実際にリモートワークの仕事をしたいと思っても、どんな職種があるのかわからないという人がかなりいます。

 

そこで今回はリモートワークがしやすい、またはリモートワークができる職種をまとめてご紹介します。

これからリモートワークで働きたい!という方は是非読んでいってください!

それでは早速見ていきましょう!

 

リモートワークとは

リモートワークとは従来のように会社に通勤して働くのではなく、社外の自宅やほかの場所で働く新しい働き方です。

職種によってリモートワークができないような職種もありますが、世間ではリモートワークという働き方に注目が集まっています。

 

一言でリモートワークと言っても色々な職種があり、それぞれにメリットやデメリットも存在します。

 

リモートワークのメリット

リモートワークのメリット

リモートワークは自由な働き方が時代にマッチしていて若者を中心に人気が高まっています。

なぜこんなにも人気があるのかリモートワークのメリットについて紹介します。

リモートワークのメリット

  • 自由な場所で働ける
  • 通勤が必要ない
  • 無駄な人間関係がない

順番に解説していきます。

メリット①自由な場所で働ける

リモートワークや最近ではノマドワーカーともいわれるような働き方の一番のメリットともいえる「場所にとらわれない」

会社で働かずに自宅やカフェなどで働けるのが魅力ですよね。

最近ではコワーキングスペースも増えて一段とリモートワーカーが働きやすい世の中になってきています。

 

また企業側からしても、大きなオフィスを構える必要がなく、光熱費などの固定コストが下がるというメリットもあります。

 

メリット②通勤が必要ない

毎日満員電車でぎゅうぎゅう詰めになりながら出勤しなくていい!!

朝の満員電車って本当にストレスたまるんですよね。

あれほど無駄な時間はないです(笑)

職種によっては仕方ないですが、せめて時差出勤とかにすればいいとつくづく思います。

このストレスから解放されるのもリモートワークのメリットです。

 

メリット③無駄な人間関係がない

ムダな人間関係やムダな飲み会がないのリモートワークのメリットです。

上司に気を使う必要や意味のない飲み会もなくなります。

最近ではビデオチャットアプリを使ってオンライン飲み会なんかもあるそうですよ。

酔っぱらったらそのまま布団にダイブ!

話がそれましたが人間関係が楽になるのは本当にうれしいです。

 

リモートワークのデメリット

リモートワークのデメリット

新しい働き方として注目を集める一方で、その自由な働き方にはデメリットがあるのも事実です。

リモートワークのデメリット

  • 時間管理がおろそかになる
  • 会社から監視されることがある
  • 孤独

順番に解説していきます。

 

デメリット①時間管理がおろそかになる

時間に縛られている感覚が薄れるためか、自宅で働いていると自ら長時間働いてしまう人が結構いるそうです。

自由すぎると自己管理ができない人には辛いですね。

 

デメリット②会社から監視されることがある

リモートワークは会社の目が行き届かないため、嫌がる企業もあります。

中にはちゃんと仕事をしているか監視するためPCにWebカメラを付けながら作業をさせられる場合も。

カメラ越しに見られているとなると抵抗ある人も多いのでは?

デメリット③孤独

先ほどムダな人間関係がないといいましたが、逆を返せば孤独です。

同僚と話す機会も極端に減るので孤独が苦手という人にはリモートワークは向かないでしょう。

 

リモートワークしやすい職種まとめ

ここからは実際にリモートワークがしやすい職種をまとめて紹介していきます!

リモートワークしやすい職種 ①エンジニア(プログラマー)

リモートワークに向いている人

リモートワークやフリーランスの王道ともいえるエンジニア。

企業のシステムやWEBサービス、アプリを作ったりもします。

リモートワークができる職種の中でも比較的安定しやすく給料も上がりやすい職種です。

フリーランスになれば月収50万~80万越えも全然ある職種です。

とはいえエンジニアになるにはプログラミングを学ぶ必要があり、一番早い方法はプログラミングスクールに通う事ですね。

プログラミングスクールは10万~20万円とかかかりますが、エンジニアになってしまえばすぐに取り返せる金額なので手っ取り早く稼ぎたい方にはおすすめの職種です。

おすすめの学習サイト
【最新】おすすめのプログラミング学習サイト【初心者向け】

続きを見る

 

リモートワークしやすい職種 ②Webデザイナー

WebデザイナーはWebページの編集や見た目の部分を作る仕事で、デザインが主な仕事内容になります。

デザイナー関係の仕事はやはりWeb上で完結することが多いのでリモートワークの案件が多い職種のひとつです。

リモートワークしやすい職種 ③イラストレーター

リモートワークしやすい職種

Webデザイナーに続いてイラストレーターもWeb上で完結することが多いので人気です。

最近はココナラやクラウドワークスで案件をとる個人の方々も増えているので絵に自信がある人は副業で始めてみるのもいいかもしれません。

 

リモートワークしやすい職種 ④Webライター

Webライターは記事を書く職種で、そこまで難しい知識がなくても文章力ががあれば働ける職種です。

こちらもココナラやクラウドワークスで仕事をもらっている人が多いですね。

 

リモートワークしやすい職種 ⑤コンサルティング系

コンサルティング関係の職種も人気です。

基本的にはWeb上で行うので何か自分に強みがある人はコンサルティングも良いのではないでしょうか。

 

リモートワークしやすい職種 ⑥ブロガー・アフィリエイト

コツコツと積み上げることが好きな人にはブロガーやアフィリエイターがおすすめです。

もはやリモートワークではなくて完全に個人になってしまいますが。

コツコツ続けていると、ある日突然急激に伸びたりするのでまずは副業で試してみるのもありな職種です。

 

リモートワークしやすい職種 ⑦コールセンター

通販のコールセンターやAmazonのカスタマーセンターなんかもリモートワークでできる職種の一つです。

お客様サポートセンターみたいな言い方をされることが多いですね。

最近は電話回線ではなくてネット回線で電話を受けたりできるので急激にリモートワーク化が進んでいる職種の一つでもあります。

ただ給料はかなり低めの設定が多いです。

短時間でも働けるため主婦層の人気が高いです。

コールセンターは会社が大きくなればなるほど、人数を雇う必要が出てくるのでその分オフィスも広くする必要がありましたが、そういった必要がないのも魅力の一つですね。

 

リモートワークに向いている人

リモートワークに向いている人

自由な働き方が魅力なリモートワークですが、どんな人が向いているのでしょうか。

向いている人

  • 自己管理がしっかりできる人
  • 向上心の高い人
  • スキルを持っている人

この辺りができる人はリモートワークに向いていると言えます。

逆に自己管理や向上心が低い人はせっかくリモートワークの職種についても、すぐに辞めてしまったり、サボり癖が出てしまったりということをよく聞きます。

リモートワークの職種につくときは自分に向いているかしっかり考えてからチャレンジしましょう。

 

まとめ「リモートワークしやすい職種」

リモートワークしやすい職種

いかがだったでしょうか。

あなたに合った職種はありましたか?

色々な職種でリモートワーク化が進んでいるのは良いことですよね♪

 

僕自身も28歳で飲食店勤務からシステムエンジニアへと転職しました。

自分が本当にやりたい事、理想の働き方があるなら是非勇気をもって一歩踏み出してみて下さい♪

ブログを書く時間の作り方5つを紹介
ノマドワーカーとは?メリット4つ・デメリット3つを解説

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kawateru

【ブログ運営】×【Twitter運用】×【エンジニア】 3月からWordPressに移行しました。 4年間ブラック飲食→MGになるも28歳で退職→未経験から開発エンジニアに転職→最短でフリーランス目指す‼ ●大阪出身 ●28歳 ●1児のパパ

-お金を稼ぐ
-,

Copyright© Kawateru blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.